対人折衝能力開発コース

効果的な対人関係をつくり、折衝や交渉の能力を向上させる

ビジネスパーソンには次の3つの知識や能力が求められます。
 (1)業務に関する専門知識
 (2)対人折衝・交渉能力
 (3)問題解決や論理的思考力
従来の企業内教育は、この中の二つ、つまり「業務に関する専門 知識」と「問題解決・論理的思考」に偏っていました。またこれら は書物などによる習得も可能でした。しかし、組織の業績低迷や 生産性低下は、社内における対話プロセスや部門間の交渉、お客様と の商談や取引先との折衝などの能力低下が原因となっていることが 少なくありません。話し合いの巧拙が組織の業績を左右しているの です。
本コースでは、精神分析の口語版ともいわれるトランザクショナ ル・アナリシス(交流分析)とゲシュタルト療法を活用し、自己への気づきを深め、良い対人関係を構築、形成するプロセスを習得していただきます。さらに交渉マネジメントの理論を用いて、効果的な折衝・交渉のプロセスを自己開発していただきます。

  • 交流分析理論にもとづく実習を通して、よりよい対人関係づくりと折衝・交渉能力の向上を実現する。
  • 体験学習プログラムにより、職場ですぐ実践できるスキルが身につく。

  • コミュニケーションをする際には、人には様々なタイプがあることを知ったうえで話をすることの必要性を学べた。
  • TAOK診断によって自分のコミュニケーションの傾向が具体的に分かり、今後、意識的に変えていこうという視点が身についた。
  • コミュニケーションに関する様々な技術を教わったので、今後、実際に試していきたいと思う。

こんな方にオススメです

  • ●営業、サービス、企画、システム、渉外など社内外の人と折衝を行う部門の方々
  • ●開発・技術・生産部門等の方で対人折衝能力を高めたいとお考えの方々
  • ●サービス業におけるフロントサービス、カウンターサービス等に携わる方々
  • ●企業内でCS(顧客満足)向上活動を担当されている方々
  • ●人事・教育部門の方々

講師プロフィール

岡本 正耿
株式会社マーケティングプロモーションセンター 代表取締役
早稲田大学大学院客員教授
JMAマネジメントスクール専任講師
日本経営品質賞評価制度委員長

著書:「長男長女の時代」「消費社会の精神分析」 「メインテイン」「ビジネスマンのためのCS入門」 「顧客満足創発のプロセス」「従業員中心戦略」「マーケティング・プラクティス」 他

日程・会場

日 程 2015年7月7日(火)~ 7月8日(水)
2016年3月15日(火)~3月16日(水)
会 場 東京・港区・芝公園・日本能率協会 研修室)

参加料(税抜)

日本能率協会法人会員 89,000円/1名
上記会員外 99,000円/1名

本事業開催最終日の消費税率を適用させていただきます。
(注)テキスト(資料)・昼食費は含まれております。
・法人会員ご入会の有無につきましては、下記HPにてご確認ください。 https://www.jma.or.jp/membership/